Posted on

ここが違う!婚約指輪と結婚指輪の違いってどこ?

婚約指輪と結婚指輪は意味が異なる

結婚を意識した相手に贈る指輪である婚約指輪と結婚指輪には大きな違いがあり、贈るタイミングや指輪に込められた意味によって区別できます。

婚約指輪は相手との結婚を約束するために贈られる指輪で、主にプロポーズのタイミングで贈られます。それに対して結婚指輪はお互いが婚姻関係を結んでいる相手だと証明するための指輪で、周囲に既婚者であると伝える意味もあります。これは両家の顔合わせの段階で贈られる場合もあれば、結婚式当日に贈られる場合もあるようです。

結婚指輪はデザインがシンプル

ほかにも婚約指輪と結婚指輪の違いとして見られるのが、デザインの華美さです。

一般的に婚約指輪にはダイヤモンドが用いられているのでデザインや見た目が華美なものが多い反面、結婚指輪はダイヤモンドを用いていてもデザインや見た目はシンプルなものが多くなっています。これは婚約指輪はあくまでも特別なものとして扱われているのに対して、結婚指輪は普段使いを意識しているためだと言われています。

費用面でも違いがある

上記のデザインの違いから費用面でも大きな違いが見られていて、傾向としては婚約指輪の方が高額になりやすいとされています。そのため費用面で節約したいカップルなどの場合は、婚約指輪を購入せずに結婚指輪のみにしている人も珍しくないようです。

重要なのは結婚指輪?

それぞれの意味合いから一般的に結婚指輪の方が婚姻関係の中では重要なのではないかと考えられていて、実際に指輪の購入に関しても婚約指輪よりも結婚指輪の方が購入されている割合は高い傾向です。ですが人によっては婚約指輪を重要視している場合もあるので、購入するかどうかは事前に話し合っておく必要があります。

婚約指輪とは、結婚の約束をしたカップルにおいて男性から女性へ贈られる指輪のことです。結婚指輪と比べると、華やかなデザインが多くなります。