Posted on

ロマンチックで色鮮やかに!アットホームなジャパニーズミニウエディング

新時代の日本の結婚式を

華やかな時代のロマンを今に伝える和の意匠やはるか遠い日に生まれた着物や小道具など、その模様や色彩の中には、果てしなく壮大な物語が織り込まれています。一つ一つの柄、それぞれの色が持っている意味を大切に心に留めながら、自分らしい感性を注いで、新鮮な輝きに満ちたアットホームな晴れの日を演出していきましょう。現代の花嫁こそチョイスしたいロマンンチックな彩りあふれる日本の結婚式をおこうといいですよ。

伝統美をまといロマンチックに

紫の縮緬地に桶と梅を描いたかわいらしい友禅の引き振袖はたおやかに、そして格調高く花嫁を彩る日本の正装です。日本古来の吉祥文様とツルが華やかに表現された内掛けを重ねてみましょう。クラシカルな印象の洋髪に生花をあしらって和のロマンチシズムあふれる装いを目指すといいですよ。また、パステルイエローの布地に桜など四季の草花などが描かれた本振袖は女性らしさを演出するのにぴったりでしょう。アットホームに料亭で行う結婚式にも似合いますよ。

アクセサリーを選ぶ感覚で

晴れの日のために用意しておきたいのが特別な小道具です。和柄のリングピローや扇子はもちろん、アンティークなバッグを着物に合わせて持つのも素敵で、せっかくなら手作りや祖母や母親の使っていたものからチョイスしたいものですね。アクセサリー感覚で和の小物もチョイスしていくと面白くなりますよ。また、ヘアスタイルはその形がかわいらしいボールブーケにあわせるようにスタイリングするといいでしょう。どこから見ても美しいフォルムとなるようアレンジして和装とミックスするといいですよ。

少人数の結婚式なら東京で行うことで、交通の利便性の良い会場が多くあり、ゲストの負担を最小限に抑えられます。