Posted on

冷静に見たい!ブライダルフェアで押さえたい注意点3選

フェアでの装花・装飾に注意!

実際の披露宴会場やチャペルもゆっくり見学できるのが、ブライダルフェアのいいところのひとつ。そのなかでも目が行くのは、やはり会場の「装花」や「装飾」ではないでしょうか。「ここの式場で結婚式を挙げたら、こんなに素敵なお花を飾ってくれる…」と期待マックスになるのはちょっと待って!ブライダルフェア用に、ボリュームのある装花や飾り付けをしている式場も多いです。フェア当日は見積もりももらえると思いますが、「お花」のカテゴリーに注目しましょう。見積もりの値段では、どのくらいのボリュームの装花・装飾をしてくれるのかを確認したいですね。

模擬挙式はぜひチェックしたい!

フェアの内容も試食会やドレスの試着会など、バラエティ豊か。そのなかでもぜひ見ておきたいポイントとして「模擬挙式」があるフェアがおすすめです。模擬挙式は当日の挙式の流れに沿って、モデルさんが実際に挙式を行ってくれます。そこで見る視点が、当日ゲストが新郎新婦を見る視点そのもの。ゲストと同じ目線で挙式を見ることができます。ドレスのバックスタイルはどのように見えるのか、ゲストから見やすいかなど、ゲスト目線に立って模擬挙式を見てみましょう。

季節ごとの変化にも気を付けて

SNSでも話題になっているのが「ガーデン挙式」。屋外のガーデンはもちろん、室内ながらも本物の木々を使用し、まるで森のなかのようなチャペルを再現している式場も人気です。ガーデンで押さえておきたいポイントは、「季節によってガーデンはどう変化するか」。例えばフェアの日が青々とした新緑の季節でガーデンを気に入っても、式当日は冬場。ガーデンの木々は青々としていなくて残念…となってしまうからです。季節ごとの写真があれば、見せてもらうと安心ですね。

おしゃれで洗練されたブライダルフェアなら東京で探すのがおすすめです。ブライダルフェアを活用して、幅広い選択肢の中から最適なブライダルプランを選びましょう。